This Report:専門職の面接

専門職と言ってもたくさんあります。
今回は看護師、弁護士、SEについて紹介していきます。

■看護師の面接■
看護師に大切なのは、コミュニケーション能力です。
患者さんとコミュニケーションが出来ない人は看護師は務まりません。
しっかりと会話が出来るかどうがを面接で見極められるでしょう。
また協調性があるかどうかもそうです。

ですが、面接時にあまりにこにこで笑顔を振りまく必要はありません。

それから意識の高さもみられるでしょう。
人の命が関わる仕事ですので、
看護師として責任を持って仕事をしてくれる人を採用されるでしょう。

これは、どの職種でもそうだと言えますが、清潔感が大切です。
看護師として仕事するのに、不潔な格好や派手すぎる化粧だと
看護師という職業をわかっていないとみなされます。



■弁護士の面接■
弁護士の面接では、さまざまなことを聞かれることが多いようです。
よく聞かれる質問として、
・弁護士を目指した理由
・なぜ検察官、裁判官を選ばなかったのか
などがあげられます。

弁護士は法律を学んでいますので、
検察官、裁判官という道も可能だからです。

そういった意味では、上記のような質問には
はっきりと弁護士になりたい理由を答えれるようにしておく必要があります。

弁護士会




■SEの面接■
SEとは、System Engineerの略でコンピューター関係の技術者のことを言います。
SEに求められるのは特に今までの経験です。
前職は何をしていたかや具体的な実績などを話せるようにしていきましょう。
知識がなければ仕事は出来ないのは当たり前ですが、
経験を優先する会社が多いようです。

それから、チームで仕事をすることが多いですので、
コミュニケーション能力も大切になってきます。



このように専門職の方が転職されるなら
どのような質問をされるかしっかり調べて、
対策を練って面接に臨まれるとよいでしょう。